料理一門会笹組のWEB裏ページにお越し頂き、ありがとうございます。
こちらは、あくまでも私の個人の部屋になっておりますゆえ
お店の情報がないことをお許しください。

まずは、プロフィールから・・・

佐々木康二

広島県呉市出身
1992年 調理師見習い開始
1998年 「にかいのおねぎや笹木」OPEN
2002年 有限会社NOG 現)弐会ホールディングス設立
2006年 デザイン事務所 ㈱セポデザイン 開業

僕は高校も大学も出てなく、中学もまともに行っておりません、
俗にいう”落ちこぼれ”です。

食材の漢字さえ読めないとこから板前の勉強のスタートをしました。

両親も商売をしている家庭ではありませんでした。

しかし料理の勉強、サービスの勉強、税金や経営の勉強など、環境や期間の長さは関係なく、どれだけ目の前の事に集中して一つの事に打込めるかで大きく人生が変わると今でも思っています。

修行1年目は「こんなことしてて本当に将来役に立つのか?」と思ったこともありました。 
しかし、まずは一つだけでいいので自分の ”得意分野” を作ることが大切だと私は考えています。

包丁研ぎ、魚をさばく、掃除、刺身、元気な挨拶、揚物、あんかけ物、出汁巻、煮物、焼物・・・・・

何でもいいので、他人がここだけは認めてくれてる気がする、や
まかないを作ってもこの料理の時は美味いと言って頂けてる、や
お客様に提供した時、この料理の時の反応には手ごたえがある など

美味しい料理には基本的に全てにおいて”理論”があると思っています。

昆布(グルタミン酸)+かつを(イノシン酸)で、なぜこんなに美味しくなるのか?
ということは、
トマト(グルタミン酸)+鶏肉(イノシン酸)でも同様の旨みの掛け算になる

といった様に料理の理論や喜びを知れると、もつれた糸がほどけるように何もかもが面白くなっていきました。

おそらくイタリアンもフレンチも中華も、いうなればクリエイティブと呼ばれるプロの職業はみな「全ては基本にある」という同じ理論だと気付くのに時間はかかりませんでした。

この日本という国は、”豊かで美しい素材の宝庫” です。

したがって、この日本で調理をさせて頂くということは誇り高いものでなくてはなりません。

素材に対し 正直に寄り添い、支え、語りかけ、時にぐっと抱きしめる。

そんな気持ちで私たちは日々 調理場という名の会議室で素材と向き合い、素材の声に耳を傾け、手当てを施しています。

日々、太陽と水と大地のおかげで、素材も人間も生かされている。
ひなたのおかげで影ができ日陰でないと生きれない生命体もある。
夜があるから朝が愛おしい。
昼と夜の寒暖差、四季があるという恵みに、幸せを感じます。

同じくして、表舞台で料理をさせて頂いているその陰には、
大地と生産者様のエネルギーと努力があるから他ならない。

それを表現しているのが私達 ”笹組のシンボルマーク” です。

まだまだ私達の「心・技 空間」の勉強は続きますが、
お客様おひとりおひとりが、云万軒あるレストランの中から、
今日この日の二度とない大切なお食事にこの店を選んでくださっていることに感謝の思いは尽きません。

乱文をお許しください。